【2019年】年賀状をアプリで簡単に無料作成。はがきデザインキッドが楽しすぎる。




こんにちは。甲斐ぜん(@KaiZenNew)です。

みなさんは、もう2019年の年賀状を作成したでしょうか?

もう、12月19日なので、ほとんどの方が作成しているかと思いますが、追い詰められないと行動しない私は、昨日、ようやく作成いたしました。

今まで、パソコンのインストール版の「はがきデザインキッド」使用して年賀状を作成し、自宅のプリンターで印刷していました。
しかし、今年は、スマホアプリ版の「はがきデザインキッド」を使用して作ってみました。

補足

はがきデザインキッドとは、日本郵政株式会社が、提供している、年賀状作成する無料ツールです。

使用した感想としては、

甲斐ぜん
操作が直観的でめちゃくちゃ簡単に作れる。

とても簡単に作れるので、本当にオススメですので、是非使ってみて下さい。

オススメする理由と、どれだけ簡単に作成印刷ができるかを説明していきたいと思います。

はがきデザインキッド、スマホアプリ版をオススメする理由

スマホアプリ版で年賀状を作る利点としては、

・デザインがスクロールするだけで次々見ることができる。

・年賀状に写真を入れ込む操作が簡単にできることです。 

使用した感想として、パソコン版より、デザインが直観的に見れて、見やすいです。

そして、子どもの写真ペットの写真を年賀状に入れようと考えている方も多いと思います。
そういう方こそ、アプリ版がオススメです。

理由としては、最近は、ほとんどの写真をスマホで撮影して、スマホの中にデータを保存していると思います。

パソコン版で写真を入れて年賀状を作成する時は、スマホのデータをパソコンに移動させる必要がありますが、スマホアプリ版で作成する時は、データ移行の手間がははぶけるので、とても手軽に作成することがでます。

この点を考えると、スマホアプリ版がオススメです。

注意
しかし、一つだけ注意点があります。スマホアプリ版は、住所録を作成することはできるのですが、住所録を自宅のプリンターで印刷することができませんでした。(色々、調べたり、試行錯誤してみましたが、どうしてもできませんでした。できた方がいましたら、情報を頂けたらありがたいです。)

なので、自宅のプリンターで印刷しようと考えている方は、デザイン面はアプリ版で簡単に作成しプリンターで印刷し、住所録はパソコンの「インストール版」で作成し印刷することをオススメします。

はがきデザインキッドの使い方

【1】はがきデザインキッドのスマホアプリを起動すると、下の画面が出てくるので、写真も挿入せずにテンプレートから選んで年賀状を作る方は、「写真なし」をタップして、デザインを選んで保存するだけでいいです。そして、印刷をする段階に進みます。

子どもやペットの写真を入れたい方は、「写真あり」をタップしてデザインを選びます。

【2】気に入ったデザインを選択して進むと、下の図がでてくるので「このデザインでつくる」をタップし、進みます。

【3】せっかく、子どもやペットの写真を使って年賀状を作成するなら、「写真用紙でつくる(フチなし)」を選択する事をオススメします。

【4】次の画面では、「写真追加」をタップして進みます。

【5】ほとんどの方が、すでにお気に入りの写真をスマホの中に保存していると思うので、「カメラロールから選ぶ」をタップして次み、お気に入りの写真を選択して下さい。

今、写真を撮ろうと思っている方は、「カメラを起動」を選択して、写真を撮って下さい。

【6】そして、写真をズームしたりして、挿入したい写真を調整して下さい。

【7】プレビューが出てくるので、保存して下さい。

【8】ホーム画面の「マイデザイン」をタップして、先ほど保存したデータを選択します。

【9】「印刷」をタップすると、右の画面が出てくるので、自宅にあるプリンターのメーカーを選択します。
※アプリ版プリントアウトするには、Wi-Fi対応のプリンターが必要です。

【10】自宅にあるプリンターのアプリをすでに入れている方は、そのまま印刷の画面に進みますが、アプリを入れていない場合は、下の様な画面が出てくるのでプリンターのアプリをインストールしましょう。

【11】後は、プリンターのアプリの操作をします。

設定で、部数用紙サイズ用紙の種類フチ設定などを行い、プリンターにハガキをセットして、プリントをするだけで完了です。

どうでしたか?

甲斐ぜん

手順を説明してきましたが、初めての操作の方も5分程度で年賀状が完成すると思います。

慣れてくると、1分程度で作ることができると思います。

はがきデザインキットで住所録はどうやって印刷するのか?

はがきデザインキットで住所録を自宅のプリンターで印刷するには、パソコンのインストール版を使用しようしましょう。

スマホアプリ版と、ウェブ版では、デザイン面は作成プリントアウトできるのですが、残念ながら宛名面は自宅のプリンターでは印刷することはできません。

※注文印刷の場合は、宛先面も印刷可能です。もちろん有料ですが…

甲斐ぜん
なので、自宅のプリンターで印刷したい方は、アプリ版で、デザイン面を手軽に作成・印刷して、宛名面はパソコンのインストール版で作成・印刷するのがオススメです。

はがきデザインキットのスマホアプリ版、インストール版、ウェブ版をインストールしてみよう

スマホから手軽に印刷投かんしたい方は、スマホアプリ版

宛名含め、自宅で印刷したい方は、インストール版

オンラインでデザイン、印刷・投かんしたい方は、ウェブ版

まとめ

私は、自宅にプリンターがあるので、今回は、アプリ版で手軽にデザインをして印刷して、宛名面はパソコンのインストール版を使用して印刷しました。

はがきデザインキットでオンラインで印刷を依頼すると、一枚当たりの印刷代金が78円~55円かかるので、自宅にプリンターがある方は、はがきデザインキットを上手く利用して、ご自分で印刷した方が、コスパは断然良いです!

甲斐ぜん
アプリ版で年賀状を作ると、5分程度で写真入りのデザインが簡単に作れるので、オススメですよ。

私は、遊びながら5枚ほど子どもの写真を入れて遊びながら作ってみました。慣れてきたら、1デザイン1分くらいで作れるようになりました。

まだ、年賀状の作成をしていない方は、是非、はがきデザインキットを利用してみて下さい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。