ドルメンで瞑想したい。アナスタシアから学ぶ。




こんにちは、甲斐ぜん(@KaiZenNew)です。

皆様、ドルメンってご存知ですか?
私が今読んでいるアナスタシアという本に出てくる言葉で、この本でドルメンという言葉を初めて知りました。

今、アナスタシアという本にハマって読んでいるのですが、とても面白いです。

簡単に説明すると、アナスタシアというロシアのタイガに住む女性が不思議な力を持っており、「人間の本来の生き方とはなんぞや?」ということが学べる不思議な本です。

ドルメンに話を戻します。

ドルメンは、

支墓石(しぼせき)ともいい、新石器時代から初期金属時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種である。基礎となる支石を数個、埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態をとる。

引用元:Wikipedia

とされていて、言葉自体はWikipediaにも載っており、一般的に使われている言葉みたいですね。
私は、今まで全然知りませんでしたが…(笑)
こんなイメージのお墓です。

そして、アナスタシアの本にはこう記載されていました。

 宇宙の叡智を用いる能力を失っていない人々がその小部屋、つまり、埋葬室に入っていった。
そのとき生きていた人々も、数千年後に生まれた人々でさえも、その建造物のある場所に行けば、自分が発するどんなな疑問に対しても、答えを得ることができた。
 そのために彼らがやるべきことは、その小部屋のそばに座り、瞑想することだった。あるときは、答えは瞬時に与えられ、またあるときは、あとになって与えられたが、答えは必ず来た。なぜなら、この建造物と、永遠の世界に向かってこの中に入っていった人々は、情報の受け取り手の役割を果たしていたから。この建造物を彼らをとおして宇宙の知性につながるのは、容易なことだった。

引用元:2013年 株式会社ナチュラルスピリット ウラジミール・メグレ『響きわたるシベリア杉シリーズ2響きわたるシベリア杉 279P』

この本を読んで、直観的にドルメンの横で瞑想したいと強く思いました!

私は、瞑想を最低でも1日に15分程度、行う様にしているんですが、今までの瞑想体験の中で、全ての答えを得ることが出来た体験は、一度もありません。
そりゃ当たり前と言えば当たり前ですね…(笑)
瞑想して、すぐに全ての答えを得ることができたら、神様になれますね。

そして、アナスタシアの本にあった、「宇宙の叡智を用いる能力を失っていない人々」というのは、どんな人なのでしょうか?
本には、こうしるされてありました。

これらの人々は、テレビも、地球を通信網でからめる電話も必要とせず、あなたがたが書物から得る情報も、ほかの方法で瞬時に獲得できるため、文章も必要としなかった。
また、彼らは製薬産業を必要としなかった。必要なときは、手のひと振りで、最上の薬を手にすることができた。なぜなら、治療薬はすべて自然の中に存在しているから。
これらの人々は今日のような交通手段を必要としなかった。車も必要とせず、食物の生産コンビナートも必要としなかった。なぜなら、すべてがそのままでまるごと彼らに与えられていたから。

彼らは深く思索する人々で、人間の目的を理解し、地球という惑星を完成させた。宇宙に彼らに匹敵する存在はなかった。知性において彼らより高かったのは、宇宙の偉大なる知性、すなわち神ご自身だけだった。

引用元:2013年 株式会社ナチュラルスピリット ウラジミール・メグレ『響きわたるシベリア杉シリーズ2響きわたるシベリア杉 275P』

アナスタシアによると。
私たちの祖先。
それも、ずーっと、ずーっと、ずーっと前の祖先。
何千、何万年前に生きていた人々は、こんな能力をもっていたそうです。
皆が普通に、現在でいうテレパシーの様なものが使えて、食べ物は自然が与えてくれて困ることもなかった、そして、病気やケガも自然が全てを癒してくれた。
天国に住む天使のような人々だったみたいですね。

これらが、本当だとしたなら、私たちのように文明社会に生きている人々は、人間本来の力が衰えてしまっているのではないか?と、考えてしましますね。
現在でいう、第6感のような感覚が、極限まで研ぎ澄まされた状態が、通常モードな感じでしょうか?
いずれにしても、アナスタシアのいう「宇宙の叡智を用いる能力を失っていない人々」というのは、現在の常識から考えると、神様のような存在であるような気がしますね。

実際に、「宇宙の叡智を用いる能力を失っていない人々」に、ドルメンによって繋がって、瞑想して、交信することができたら、どんな会話ができるのか考えただけでワクワクしますね。

色々、聞いてみたいことがありますね。

「人はなぜ生きるのか?」、「なぜ、争いは起きるのか?」、「どうやったら、世界中の人が、平和で豊かに暮らすことが出来るのか?」、「人間は、あらゆる病に勝つことが出来るのか?」など
普通の人間には、答えを出すことができない質問をたくさんしたいですね。

ドルメンが、日本のどこかにないか、「ドルメン 日本」で、検索しても、ヒットするのは、日本テレビ「ドルメンX」のドラマの事ばかりで、私の知りたいドルメン情報は、かなり少なかったです。

しかし、何か石のお墓の様な建物、どこか懐かしい様な、見たことある様な気がしませんか?
私だけでしょうかね?
潜在的な記憶のどこかにドルメンを見た記憶があるのかな…

「ドルメンは、ここにあるよ!」、「あそこのドルメンに行ったことがあるよ!」という方は、是非、コメント下さい。

私も、引き続き、ドルメン情報をコツコツ集めていきたいと思います。

それでは、失礼します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。