福岡県で穴場の藤の名所。小郡市の大中臣神社で将軍藤を観賞。




こんにちは、甲斐ぜん(@KaiZenNew)です。

福岡県の小郡市にある大中臣神社で将軍藤を観賞してきました。(2018年4月30日)
以前も訪れた事があったのですが、その時は、藤の鑑賞の期間が終了して、何と藤の木の剪定作業があっている真っ最中でした…
枯れた藤の木を大きなハサミを使ってザクザク切っているのを、ひたすら眺めていました…(笑)

さあ、今年はリベンジだ!

到着

車で向かったのですが、大中臣神社の周辺になると、『将軍藤』と書かれたのぼり旗がたくさん設置してあり、リベンジに燃える私は、とてもワクワクしていました。
駐車場は、神社の裏の公園が無料開放されており、すぐに駐車することができました。

そして、車を停めて神社裏の入り口から入って行きました。

心の中では、「よし!リベンジだ!」と気合を入れて門をくぐって藤棚の方に目を向けました。

ドーンと目に入ってきたのは、枯れた藤棚の姿でした…

リベンジ失敗…
今年もやらかしました…

唯一の救いは、まだ、大きなハサミで剪定されていなかったことですかね…(笑)

でも、この面積いっぱいに、満開の藤が咲いていたらと思うと、さぞかしキレイだっただろうなと思い、妄想の世界で藤を楽しんでいました。

そして、少しでも咲いている場所はないかと、探していると、1か所だけキレイに咲いている藤がありました
ほんの少しだけでも見れたので、良かったです。

しかし、福岡県の天然記念物に指定されている樹齢650年の藤の木は近くで見ると、とても迫力がありました。

大中臣神社の中は、とてもキレイに整備されていて、とても良い所でしたよ。

正面の入り口は、こんな感じです。
緑がたくさんあり、キレイな入り口でした。

そして、敷地内には、大きな池があり、たくさんの鯉や、亀がいました。

池の生き物たちを、よく見れるように、建てられた場所もあり、とても素敵でした。
こんな建物です。

その後、神社にお参りをしました。

「少しですが、藤の花を見ることができて、ありがとうございました。また、いつか満開の藤を見に来ます。」と、お祈りしてから帰りました。

大中臣神社の将軍藤まつりの詳細

和様唐様の楼門で有名な大中臣神社の境内に咲く藤は、樹齢650年と推定されていて、1970年に福岡県の天然記念物に指定されました。
1359年に大保原合戦で負傷した征西将軍懐良親王が、大中臣神社の加護で全快し、藤の木を奉納したのが「将軍藤」と伝えられています。
広さ500平方mの棚から垂れ下がる濃い紫色の花は、長いものは1.5mにもなり、豪華けんらん。
毎年、多くの花見客を集めています。

引用元:小郡市観光協会HP

場所:大中臣神社(小郡市福童555)

藤まつり期間:平成30年4月14日(土曜日)~5月5日(土曜日)午前中まで。
※4月15日(日曜日)~5月4日(金曜日)は日没~21時までライトアップされているそうです。

駐車場:祭り期間中は大中臣神社隣の福童公園を解放
※マイクロバスまで可。
(ちなみに、駐車料金は無料でした。)

アクセス:西日本鉄道「端間駅」より徒歩約5分
筑後小郡インターより車で約15分
鳥栖インターより車で約10分

地図

『将軍藤まつり』の詳細は小郡市観光協会Webサイトをご参照ください。

 

まとめ

 

前回に引き続き、今回も残念ながら、満開の藤を見ることはできませんでした…(涙)

今日の感じだと、おそらく4月20日くらいが、満開だったのではないかと思います。

毎年、満開の時期はずれるとは思いますが、私のこの経験を目安に4月20日前後に見に行くことをお勧めします。

まーでも、少しだけでも藤の花が見れて、今回は、感謝です。
前回は、藤の木を、地元の方々が、もくもくと剪定作業しているのを見るだけだったので…(笑)

また、いつかリベンジしたいと思います。
今度こそは、満開の将軍藤を見るぞ!!!




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。