HUAWEI nova 3を最安値で買う方法。お得に買う方法を比較しました。




こんにちは。甲斐ぜん(@KaiZenNew)です。

先日、私の妻がiphone6を使っていたのですが、HUAWEI nova 3に機種変更する事にしました。

Appleしか使わないと言っていた妻ですが、最新のiphone Xsの値段が高額すぎる点と、HUAWEI nova 3のデモ機を店舗で触ってみて思ったよりAndroidスマホがサクサク操作できた点が、決め手だったみたいです。

甲斐ぜん
せっかく、HUAWEI nova 3を買うんだったら、少しでも安く買いたい!

そして、調べまくった結果、2018年10月23日時点で最安の方法で手に入れることができたので、報告したいと思います。

HUAWEI nova 3を買うなら、OCNモバイルONEが最安

調べた結果、OCNモバイルONEという格安SIM会社で販売開始記念価格27,600円で販売していました。

色々な格安SIM会社を比較してみたのですが、OCNモバイルONEが断トツで安く買うことができます。

他の格安SIM会社が50,000円以上の値段が付いている中、27,600円(税込29,808円)での販売は、まさに破格です。

その他に、初期手数料3,000円(税込3,240円)SIMカード手配料394円(税込425円)がかかりまが、それでも破格ですね。

27,600円で購入する条件は、OCNモバイルONEの「らくらくセット(音声対応SIM)」を申し込むだけです。
もちろん番号はそのままのMNPでの乗り換えも可能です。

私の妻は、今、マイネオを使用しているので、MNPを使用して、OCNモバイルONEに乗り換えてHUAWEI nova 3を最安値で購入する事ができました。

また、OCNモバイルONEは、「赤得」とても面白い企画をしており、氏名(アルファベットに置き換えた場合)に、「AKA」の文字列が含まれている方は、更に値引きするというキャンペーンを行っています。
※赤得キャンペーンを利用する場合は、機種の色は、赤のみの選択になるみたいです。

AKA」が1回含まれる場合 2,000円値引
AKA」が2回含まれる場合 4,000円値引
AKA」が3回含まれる場合 6,000円値引
AKA」が4回含まれる場合 8,000円値引
AKA」が5回以上含まれる場合 10,000円値引

例、「AKASAKA YASUKOさん」の場合は、4,000円値引で、23,600円(税抜)になります。

さすがに、「AKA」が5回以上含まれる名前の人は、いないと思いますが、3回くらいで6,000円値引きの人は、いるのではないでしょうか?
名前に「AKA」が入っていて、赤色の端末でも良い方は、このキャンペーンを利用して更に、安く購入する事もできますね。

注意
販売開始記念価格のキャンペーンも、赤得のキャンペーンも、10月30日(火)11:00までなので、利用を考えている方は、早めの利用をお勧めします。
甲斐ぜん
価格.comでのHUAWEI nova 3の販売価格は、2018年10月23日現在、52,179円。
価格.comで買うより22,371円も安い!
圧倒的安さ!

他社の格安SIM会社で、HUAWEI nova 3を購入した際の比較

他社の格安SIM会社でHUAWEI nova 3を購入した際の値段も調べたので、参考にして下さい。

mineo(マイネオ)の場合

一括:49,800円(税抜)

分割:2,075円/月×24カ月=49,800円(税抜)

LinksMateの場合

一括:50,000円(税抜)

分割払い:なし

BIGLOBEモバイルの場合

一括:なし

分割:1,830円×24カ月=43,920円(税抜)

この値段で購入するには、音声通話SIM3GB以上とセットで新規申し込みが必要。

IIJmioの場合

一括:49,800円(税抜)

分割:2,080円×24カ月=49,920円(税抜)

NifMoの場合

一括:48,889円(税抜)

分割:2,038円×24カ月=48,912円(税抜)

楽天モバイルの場合

一括:54,800円(税抜)

分割:2,466円(税込)+分割手数料×24カ月=約59,184円

価格.comの場合

価格.comで端末一括購入の場合(最安値):52,179円(税込)

注意
上記の他社の格安SIMとの比較の値段は、2018年10月23日現在のものです。
甲斐ぜん
こうやって改めて他社の格安SIMと値段を比較しても、OCNモバイルONEの27,600円(税抜)という価格は、まさに破格ですね。

HUAWEI nova 3の特徴

引用元:OCNモバイルONEホームページ

サイズ

幅:約73.7mm、縦:157mm、厚さ:約7.3mm、重さ:約166g(バッテリー含む)

対応OS

Android 8.1/EMUI 8.2

CPU

HUAWEI Kirin 970 オクタコア(4 × 2.36 GHz A73 + 4 × 1.8 GHz A53)

メモリ

4 GB RAM / 128 GB ROM
microSDスロット(最大256 GB)

バッテリ

3750mAh(一体型)急速充電対応 9v / 2A

ディスプレイ

約6.3インチ FHD+(2340 × 1080ドット)/ TFT

カメラ

アウトカメラ(ダブルレンズ):約1600万画素カラーセンサー + 約2400万画素モノクロセンサー

インカメラ(ダブルレンズ):約2400万画素 + 約200万画素 / FF

HUAWEI nova 3のポイント

HUAWEI nova 3は、ハイエンドモデルのHUAWEI P20と同じCPU「HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU(4 × 2.36 GHz A73 + 4 × 1.8 GHz A53)」を搭載しており、更に、RAMも4GB搭載されているので、3Dゲームアプリなどの容量を多く使用するアプリ以外の通常使用の場合は、サクサク快適に動くと考えられます。

バッテリー容量は、3,750mAhと大容量なのも嬉しいですね。

カメラは、インカメラに約2,400万画素+約200万画素のAI搭載ダブルレンズ、アウトカメラに約2,400万画素モノクロセンサー+約1,600万画素カラーセンサーで構成されるAIダブルレンズを搭載しているので、カメラ性能が高いのもポイントが高いですね。

OCNモバイルONEの特徴

 

  コース 音声対応SIMカード
日単位 110MB/日 1,600円(税抜)
170MB/日 2,080円(税抜)

 

  コース 音声対応SIMカード
月単位 3GB/月 1,800円(税抜)
6GB/月 2,150円(税抜)
10GB/月 3,000円(税抜)
20GB/月 4,850円(税抜)
30GB/月 6,750円(税抜)
500kbps(15GB/月) 2,500円(税抜)

OCNモバイルONEは、通話もお得です。

「OCNでんわアプリ」を使用しての通話は、国内通話が1通話10分以内なら何度でもかけ放題で月額850円(税抜)です。

甲斐ぜん
データ通信も細かいプランがあり、10分間電話かけ放題プランもあるので、通信料もプランの組み方次第では、大幅に通信料を安くすることができるようになっているのもポイントが高いですね。

まとめ

これまで、OCNモバイルONEと他社の格安SIM会社でHUAWEI nova3を比較してきましたが、現在の端末価格がどの会社も約50,000円もするのに対し、27,600円というのはまさに破格ですね。
しかも、赤得キャンペーンを使用するなら、更に2,000円~10,000円値引きなので、正直驚きの価格です…

今回、HUAWEI nova 3のスペックも見てみましたが、CPU、メモリー、バッテリー、カメラ性能どれを見ても十分満足できるスペックだと思います。
2018年10月現在では、ハイスペックスマホと言っていいと思います。

また、格安SIM会社であるOCNモバイルONEもデータ通信、通話ともに、プランが豊富にあり、通信料もとても安くすることができると思います。

iPhoneからHUAWEI nova 3に変えた妻も、サクサク動くし、画面も見やすくて大満足の様子です。

是非、期間限定のキャンペーンを利用して、HUAWEI nova 3をお得にゲットしましょう。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。