ダイレクト型(通販型)、代理店型?自動車保険を比較する時は知っておきたい。




こんにちは、甲斐ぜん(@KaiZenNew)です。

以前、私は、自動車保険を代理店型からダイレクト型に変更したのですが、最初は、その違いや特徴がよく分かっていませんでした。

そんな、当時の私のように自動車保険の切り替えを考えている方に役に立てればいいなと思ったので、記事にしました。

ダイレクト型と代理店型の違い

ダイレクト型の特徴

『ダイレクト型』とは、主にインターネットを使用して保険会社と直接契約する仕組みになっており、基本的に、代理店型の自動車保険と比較して値段は安くなります
また、主にインターネットを利用しての契約なので、昼夜を問わず、好きな時間に契約することができるので、忙しい方には、オススメですね。
ダイレクト型は、ネット上で一括見積もりをできるサイトもあるので、簡単に他の保険会社と簡単に比較することができるのでとてもお得です。

しかし、代理店型のように面談しながら保険の内容を相談するスタイルではないので、保険の保障内容を自分である程度情報収集できる方ではないと、不安な面もあると思います。

ダイレクト型の仕組み

ダイレクト型は、代理店を通さずに、直接、契約者と保険会社の契約になるので、代理店の手数料がかからないので、その分、保険料を安くすことが出来ます

代理店型の特徴

『代理店型』とは、契約者が保険代理店の方と面談をしてプランを決めて、その後、保険代理店の方が保険会社と契約を結ぶ仕組みになっており、一般的に、ダイレクト型と比較して値段は高くなります
店舗等で直接代理店の方と面談してプランを決めるので、自動車保険の契約に慣れた担当者が、契約者に最適なプランを直接アドバイスしてくれるので、不安は少ないです。
また、契約書の作成なども行ってくれるので、書類作成やプラン設定を自分で考えるのが面倒な方には、向いていると思います。

しかし、店舗まで行って面談する手間がかかることと、値段の高さを考えるとダイレクト型自動車保険の方が優れていると思います。

代理店型の仕組み

代理店型は、契約者が保険代理店の方とプランを決めて、その後、保険会社との契約になるので、どうしても、代理店が中間に入るので、ダイレクト型と比較して値段が高くなってしまいます

まとめ

私は、初めは代理店型の自動車保険に加入して、その後、ダイレクト型に変更したのですが、両方にメリット、デメリットがあると感じました。

契約内容やプランの細かいアドバイスをしてくれるのが、代理店型のメリットであり安心感はあります。

しかし、自分である程度、情報を収集してプラン内容も決めることができる方にとっては、店舗に出向く必要もないし、何より保険料がかなり節約できるので、ダイレクト型の方がオススメです。

私は、代理店型からダイレクト型自動車保険に切り替えて、年間1万3000円程度安くなりました
ネットで調べた情報によると、5万円程度節約できた方もいるそうです

私は、今、東京海上グループのイーデザイン損保と契約しているのですが、サービスがむちゃくちゃ充実しています。

24時間365日事故対応はもちろん、万が一の事故時には、セコム事故現場急行サービスで、救急車の手配や警察への連絡、レッカーやタクシーの手配等も行ってくれるみたいです。
専任担当者がその後の示談交渉や、修理工場の紹介なども行ってくれるようです。
また、事故時以外でもバッテリーが上がった、タイヤがパンクした、ガス欠になった際などロードサービスも基本的に無料で行ってくれるみたいです。
私もこのサービスには驚きました。
私の中で、現時点では、イーデザイン損保が一番いいと思っています。

皆さんも、この記事を参考に、代理店型とダイレクト型のメリット、デメリットを比較して、納得の自動車保険のを契約して頂けたら嬉しいです。

自動車保険の無料一括見積もりができるサイトもあるので、利用してみるのもいいかもしれませんね。

▼私が利用した比較サイト

自動車保険をJA共済(代理店型)からイーデザイン損保(ダイレクト型)に変えて年間1万円以上得した。

2018.05.08

ネットで自動車保険の一括見積もりをやってみた。安く切り替えるための手順。

2018.05.02




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。