新しいサーチコンソール登録方法。分かりやすく図解しました。使えなくなる前に登録しよう。




こんにちは。甲斐ぜん(@KaiZenNew)です。

ブログなどのwebサイトを運営している方は、google search console(グーグルサーチコンソール)は、まさに必須のツールだと思います。

旧サーチコンソールが2019年3月28日以降は使えなくなり、新しいサーチコンソールに新たに登録しなくてはいけなくなりました。

甲斐ぜん
早く、新しいサーチコンソールに登録しなくてはと思いながらも、ギリギリにならないとやらない悪い癖で結局、旧サーチコンソールが使えなくなる数日前に、新しいサーチコンソールに登録することになってしまいました…

初めてサーチコンソールに登録する方、旧サーチコンソールを使っていて、新しいサーチコンソールに登録する方に向けて、分かりやすく図解しましたので、参考にして下さい。

Google Search Console(サーチコンソール)登録方法。図解

では、サーチコンソールの登録方法を図を用いて解説していきます。

実際にやってみると、とても簡単なので、解説に従って登録していってください。

初めて、新しいサーチコンソールのwebページに行く方は、解説【2】からのスタートになると思います。

すでに、新しいサーチコンソールのwebページで何らかのドメインを登録して運用している方は、解説【1】かのスタートになります。

では、新しいGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)のページはこちらになりますので、この以下の解説を見ながら登録していって下さい。

【1】ホーム画面の左上の①をクリックすると、「プロパティを追加」のメニューが出てくるので、「プロパティの追加」をクリックします。

【2】プロパティのタイプの選択を行います。

「ドメイン」と、「URLプレフィックス」に分かれています。
簡単に「ドメイン」と、「URLプレフィックス」の違いについて解説します。

  • 「ドメイン」:同じドメインのデータを1か所に収集して、データ分析を行うことができます。
  • 「URLプレフィックス」:「www有無」、「httpやhttpsのプロトコルの違い」、「サブドメイン」などの別々のページデータを、それぞれ別のプロパティでデータ収集することができます。
甲斐ぜん
よく分からない方は以下のようにして下さい。

  • 「https://〇〇〇.com」の様な、ドメインのみを利用しており、サブドメインが無い方は、「ドメインプロパティ」を選んで下さい。
  • サブドメインを持っていて、メインのドメインとサブドメインを別々にデータ収集したい方は、「URLプレフィックス」を選択して下さい。

ここでは、「ドメインプロパティ」を選択したとして解説をしていきます。

そして、URLを入力して、「続行」をクリックします。
この時、ご自分のURLの、「https://」は入力しないで、「〇〇〇.com」とだけ入力していきます。

 

 

【3】DNSレコードでのドメイン所有権の確認と表示されるので、「コピー」をクリックして、TXTレコードをコピーしておきます。

【4】契約しているサーバーにログインします。(私の場合はエックスサーバーなので、エックスサーバーで解説していきます。)

ログインすると下の画面になるので、「サーバー管理」をクリックします。

【5】ドメインメニューの「DNSレコード設定」をクリックします。

【6】今回、サーチコンソールに登録したい独自ドメイン名の「選択する」のボタンをクリックします。

【7】DNSレコード設定の画面になるので、「DNSレコード追加」をクリックします。

【8】「ホスト名」は空白でオッケーです。

「種別」は必ず、「TXT」を選択して下さい。

「内容」の所に、手順【3】でコピーした「TXTレコード」を張り付けて下さい。

「優先度」は、0のままでオッケーです。

入力が終わったら、「確認画面へ進む」をクリックして下さい。

【9】下の画面になるので、「追加する」をクリックして、サーバー側の設定は完了です。

【10】そして、手順【3】のサーチコンソール設定画面に戻って、「確認」をクリックします。

【11】すると、おそらく「所有権を確認できませんでした」と表示されると思います。

でも、大丈夫です。

サーバー側の設定を行って、サーチコンソール側に反映されるまで少し時間がかかるみたいなので、「OK」をクリックして下さい。

私は、約10分後に無事に確認とれました。

【12】約10分後に、確認作業を行うと、「所有権を確認しました」と表示されます。

「プロパティに移動」をクリックします。

【13】新しいドメインプロパティへようこそと表示されるので、「開始」をクリックすると、新しいサーチコンソールのホーム画面に移動してアクセス解析などを見ることができます。

甲斐ぜん
これで、サーチコンソールの設定は完了です。

お疲れ様でした。

Google Search Console(サーチコンソール)初期設定まとめ

記事の流れに沿って設定していくと簡単に初期設定が完了したと思います。

設定の流れは、

  1. 「ドメインプロパティ」か、「URLプレフィックス」かを選択。
  2. 「TXTレコード」をコピー。
  3. サーバー側のDNSレコード設定を行う。
  4. サーチコンソール側で、確認作業を行う。
甲斐ぜん
設定を行ってみると、結構簡単だったと思います。

こんなに簡単なら、早く、新しいサーチコンソールにしとけば良かったと感じました。

初めてサーチコンソールを利用する方も、旧サーチコンソールから乗り換える方も、この記事を参考に、簡単に初期設定してみて下さい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。