福岡県久留米市、tupera tupera絵本の世界展。パンダ銭湯の再現セットで子どもが大喜び!

アイキャtuperatupera 絵本の世界展 レポート




先日、『ぼくと わたしと みんなのtupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』に行ってきたので、紹介します。

この『ぼくと わたしと みんなのtupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』は、全国6ヶ所で行われる予定になっており、今回私が行ったのは、2019年8月6日(火)~9月8日(日)の間で、久留米美術館で行われているイベントです。

tupera tupera(ツペラツペラ)とは、亀山達也さんと中川敦子さんによる2人組のユニットで絵本など様々な作品を手掛けているかたです。

絵本「パンダ銭湯」や「しろくまのパンツ」などが有名だと思います。

今回は、この展覧会やグッズ販売のレポート、この展覧会を最大限に楽しむコツ、入場料金をお得にする方法をお伝えしていきます。

子どもはもちろん、大人も楽しめる展覧会になっているので、お近くの方は、ぜひ遊びに行ってみて下さい。

『ぼくと わたしと みんなのtupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』の展覧会とは?

ツペラツペラ

tupera tupera(ツペラツペラ)とは、亀山達也さんと中川敦子さんによる2人組のユニットで、絵本やイラスト、工作、舞台美術、ワークショップ、空間デザインなど、幅広い分野で活躍されている方々です。

私が、tupera tupera(ツペラツペラ)のことを知ったのは、「パンダ銭湯」という絵本を親戚の子どもに見せてもらったことがキッカケでした。

親戚から借りた「パンダ銭湯」を5歳の息子に読み聞かせると、瞬時に、息子の一番のお気に入りの絵本になりました。

「パンダ銭湯」の絵本の絵も可愛いことはもちろんですが、大人が読んでも思わず「ぷっ」と吹き出して笑ってしまうユーモアたっぷりな内容で面白い。

そんな子ども心を掴むtupera tuperaの軌跡をたどる初めての大規模展覧会が福岡県久留米市で行われています。

展覧会の内容は、絵本の原画を中心に、活動初期の貴重な布雑貨、イラストレーションやアニメーション作品などを、約300点展示されています。

それでは、『ぼくと わたしと みんなのtupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』を実際に見ていきましょう。

展覧会の様子レポート。パンダ銭湯の再現セットがリアル。写真撮影もできる。

国道322号線から、久留米市美術館の駐車場に入ります。

2時間まで200円の有料駐車場があるので、車を停めましたが、初めて行く場所だったので、久留米美術館の中でツペラツペラ展示会がどこで開催されているか分らずに少し迷ってしまいました。

そんな方のために石橋文化センター全体の園内マップを貼っておきます。

石橋文化センター、久留米市美術館

ツペラツペラの展覧会が開催されているのは下の久留米市美術館の1階です。

おしゃれで綺麗な建物ですね。

久留米市美術館

ツペラツペラ展の入り口は、こんな感じです。

ツペラツペラのイラストが描いてあり、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

久留米市美術館

中に入り、入場料を払い前を向くと、「ぼくと わたしと みんなの tuperatupera 絵本の世界展」との文字と共に、絵本「かおノート」の表紙の太陽がドーンと出迎えてくれます。

ツペラツペラ、tuperatupera

そして、横を見ると、絵本「しろくまのパンツ」の大きな人形が展示されていて記念撮影ができます。

しろくまのパンツ

また、受付の横のスペースには、ツペラツペラ展のグッズの紹介や、展覧会図録などが紹介されていました。

ツペラツペラ

展覧会の作品の撮影は禁止されているので、写真で紹介することはできませんので文章で紹介していきます。

展示品は300点ほどの作品があり、tuperatupera(ツペラツペラ)の絵本を手に取ってみることができ、その絵本の原画が展示されています。

なので、

甲斐ぜん
絵本を手に取って見ながら、その絵本の生の下書きが見れるので、「絵本ってこうやって考えて作られるんだ!」と大人ながらにワクワクしながら見入ってしまいました。

他にも、布雑貨、イラストレーション、アニメーションなどの展示品が数多く展示してあり、大人も子どもも楽しめる内容になっています。

中でも、子どものテンションが一番上がったのは、絵本「パンダ銭湯」の中で描かれている銭湯を再現してあるセットの展示品でした。

このセットは、撮影OKだったので写真つきでレポートしていきます。

パンダ銭湯の入り口です。

本当に絵本の中が忠実に再現されているので、テンションあがります。

パンダ銭湯

銭湯の受付も完全再現されています。

なんと、絵本の中に描かれている、「パンダ以外の入店は、固くお断りしています。」の看板、竹林牛乳、サササイダーも完全再現。

パンダ銭湯

体を洗うところまで細かくセットが作りこまれていますね。

これには、子どもだけで無く、大人もウキウキです。

パンダ銭湯

パンダがお風呂に入っているセットも、もちろんありますよ。

パンダ銭湯

しかも、このセット、パンダと一緒にお風呂に入って写真撮影ができるのです。

先ほど、「パンダ以外の入店は、固くお断りしています。」との看板はありましたが、パンダと一緒に写真撮影をパシャリ。

パンダ銭湯
甲斐ぜん
正直、このパンダ銭湯再現セットを堪能しただけでも、入館料を払ったかいがあったと言っていいほど、楽しい体験でした。

絵本の中身が完全再現されて、そのセットの中で、記念撮影をできる体験ってなかなか無いので、大人の私も終始ウキウキしていました。

そして、展覧会を出ると、ショップの案内・グッズ案内がありました。

tupera tupera(ツペラツペラ)のグッズも販売しています。

ツペラツペラお土産

ツペラツペラのグッズの現品も紹介してくれていたので、欲しくてたまらなくなり、グッズを取り扱っている楽水亭に直行しました。

ツペラツペラお土産

ここでも、グッズ売り場の場所が分らなくて、受付の方に聞いたので、分りやすく地図を貼っておきます。

グッズ売り場地図

ツペラツペラ展覧会が開催されている久留米市美術館から出て、右方向に歩いていくと、楽水亭がありあます。

久留米市美術館

徒歩1分程度で、ツペラツペラ展覧会のグッズが販売してある楽水亭に到着します。

こちらの建物です。

楽水亭

楽水亭の中には、ツペラツペラの絵本もたくさん販売していまいた。

絵本「しろくまのパンツ」のグッズ。

しろくまのパンツ

絵本「パンダ銭湯」のオリジナル牛乳瓶。

この牛乳瓶は、インテリアにもなり可愛いデザインで気に入ったので購入しました。

パンダ銭湯、牛乳瓶

「パンダ銭湯」変身セット付きキャラメル。

パンダ銭湯キャラメル

絵本「かおノート」のスリッパ、「パンダ銭湯」の手ぬぐいピンバッチなど色々なグッズがありました。

ツペラツペラお土産
甲斐ぜん
グッズの種類もたくさんあるので、お気に入りのアイテムが見つかると思います。

ちなみに私は、「パンダ銭湯」の牛乳瓶を買いました。

福岡県久留米市展覧会『ぼくと わたしと みんなのtupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』場所、入館料、詳細など

イベント期間:2019年8月6日(火)~2019年9月8日(日)

開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

入館料

  個人 団体
一般 800円 600円
シニア 600円 400円
大学生 500円 300円
高校生以下 無料 無料

前売り券は、チケットぴあ、ローソンチケット取扱店などにて500円で販売(Pコード769-565/Lコード86693)
※団体料金は15名以上、シニア65歳以上。
※障害者の方は、手帳を提示すると、本人と介護者1名が一般料金の半額となります。

休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館)詳細は開館カレンダーをご参照下さい。

駐車場:あり(第1駐車場:普通車66台・身障者用4台、第2駐車場:普通車155台・バス5台)
※最初の2時間まで200円、以後30分ごと100円増し。ただし30分以内の出庫は無料。入庫から24時間最大1,000円、24時間以後30分ごと100円増し。
※大型バス・マイクロバスは、1回500円最長1日まで。
※利用時間8:00~22:00

会場、住所、連絡先:久留米美術館 本館1階

〒839-0862 福岡県久留米市野中町1015(石橋文化センター内)

TEL:0942-39-1131 FAX:0942-39-3134

SNS久留米市美術館公式Facebook

アクセス方法

空路:福岡空港より西鉄高速バスで50分(文化センター前下車)

電車:JR博多駅よりJR久留米駅まで新幹線で20分、快速40分
   西鉄福岡天神駅より西鉄久留米駅まで特急で30分、急行で40分

バス:JR久留米駅より西鉄バスで15分、西鉄久留米駅より5分(文化センター前下車)

:久留米インターより10分(石橋文化センター内に有料駐車場あり)

甲斐ぜん
福岡市内からも車で1時間以内で行けるし、電車やバスなどの公共交通機関を利用しても1時間程度で行けるので、嬉しいですね。

全国巡回展情報

2017年から2019年にかけて全国6カ所で「ぼくとわたしとみんなのtuperatupera絵本の世界展」が行われる予定になっています。

スケジュール
  • 2017年9月9日(土)~11月5日(日)横須賀美術館
  • 2018年3月17日(土)~6月10日(日)三重県立美術館
  • 2018年7月7日(土)~8月31日(金)うらわ美術館
  • 2019年1月20日(日)~3月24日(日)ふくやま美術館
  • 2019年8月6日(火)~9月8日(日)久留米市美術館
  • 2019年11月23日(土・祝)~12月25日(水)美術館「えき」KYOTO

『tupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』を最大限楽しむための方法。入場料金がお得になる方法も紹介。

まずは、tuperatupera(ツペラツペラ)絵本の世界展を楽しむコツをお伝えします。

その方法は、まず、tuperatupera(ツペラツペラ)の絵本をあらかじめ読んでおくこと!

特に、この展覧会の中で、最大のお楽しみスポットである「パンダ銭湯の再現セット」を最大限楽しむためには、「パンダ銭湯」の絵本だけは必ず読んでおくことをおすすめします。

「パンダ銭湯」の絵本は、絵本の背景の描写などが細かく描かれているので、「あー、これ絵本であったやつと同じだ!」と、必ずテンションが上がること間違いなしです。

あと、入場料金がお得になる方法があります。

それは、ツペラツペラに行く途中にコンビニに行って、前売り券を買っておくことです。

一般の入場料金は800円ですが、あらかじめコンビニなどで前売り券を購入すると、入場チケットを500円で手に入れることが出来ます

チケットぴあはセブンイレブンで、ローソンチケットはローソンで購入することが出来るので、少しでも入館料をお得にしたい方は、前売り券を必ず買っておきましょう。

今回の展覧会とあわせて、久留米の14のお店で「ツペラくるくる」と称して、ツペラツペラとコラボして特別なアイテムなどを入手することができるので気になる方は、そちらもチェックしてみて下さい。

最後に、『tupera tupera(ツペラツペラ)絵本の世界展』を最大限楽しむためにおすすめの絵本を少しだけ紹介しておきます。

たくさんの絵本に触れて、展覧会で原画や大きな人形セット展示品を楽しみましょう。

アイキャtuperatupera 絵本の世界展 レポート

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

甲斐ぜん

30歳代で、一児の父。福岡県出身、福岡県在住。趣味は、スポーツ観戦(サッカー、大相撲、野球、ボクシングなど)、瞑想、読書、野菜作りです。好きな食べ物は、みそ汁、納豆、コロッケです。よろしくお願いします。